東京

嵐山に冬の風が通り抜けます。でも心のなかには「暖かいものが」 福岡から行ってみてよかった(^O^)/

きな粉 黒豆

 
京都の錦市場には、不思議な食べものが沢山ありました\(^^)/
福岡では、出会えない食に出会える街
京都の冬はつづきます。⛄️⛄️⛄️

http://hakata.top/

Kinako black bean
There were a lot of strange foods in the Nishiki market in Kyoto \ (^^) /
In Fukuoka, a city where you can find a food you can not meet
The winter in Kyoto will continue. ⛄️

⛄️⛄️

Http://hakata.top/

#art#love#instagood#photooftheday#tbt#beautiful#me#follow#followme#follow4follow#happy#fashion#cute#instalike#travel
#l4l#life#sweet#foodporn#followback#style#nature#my#fun#smile#instalove#funny#gm#instacool#selfie

 

日本を描くための「 日本筆 」

西洋筆にない、ボリューム感で描かれる 「 絵 」のイメージ出来るのは 「 何故でしょう? 」
一筆、一筆に 「 懐かしい香り 」

http://hakata.top/

“Japan brush” for drawing Japan
Why can not you imagine the image of “painting” drawn with volume sense that is not in the Western brush?
One stroke, “Nostalgic fragrance”

Http://hakata.top/

#art #love #instagood #photooftheday #tbt#beautiful #me #follow #followme #follow4follow#happy #fashion #cute #instalike #travel
#l4l #life #sweet #foodporn #followback #style#nature #my #fun #smile #instalove #funny #gm#instacool #selfie

京都 嵐山昇龍苑

一筆、一筆 心を込めて描かれる
古来から日本で縁起が良いと言われる
「 一筆龍 」
福岡から京都 嵐山へ

「一筆龍絵師 手島啓介 氏が描く昇龍

古都 京都で今も息づいています。

http://hakata.top/

Kyoto Arashiyama Ryuguen
I draw a stroke with my heart.
It is said that auspicious in Japan from ancient times
“Ichigo dragon”
From Fukuoka to Kyoto Arashiyama
“Dragon drawn by Mr. Keisuke Teshima, a one-bran dragon painter
I am still alive in ancient capital Kyoto.

Http://hakata.top/

#art #love #instagood #photooftheday #tbt#beautiful #me #follow #followme #follow4follow#happy #fashion #cute #instalike #travel
#l4l #life #sweet #foodporn #followback #style#nature #my #fun #smile #instalove #funny #gm#instacool #selfie

赤い龍の伝説は 京都にあり

一筆龍絵師 手島啓輔さんのイベントがモンゴル・ウランバートルのテレビで紹介されました

 

龍の胴体を一筆で描くという日本の伝統芸術

モンゴル・ウランバートルのTV局で特集された画像がこちら

思わずうなるこのダイナミックさ

日本の龍が海を渡りユーラシア大陸のモンゴルの地で紹介されました。

一筆龍絵師 手島啓輔さんは、京都の九条にギャラリーをかまえ

店頭でも

イベントでアメリカのフロリダや

ロサンゼルス

そして、マカオや香港、マレーシアでイベントを開いています。

龍の胴体を一筆で書くという日本の昔から伝わる技法

新しさでないところがほっとできるところです。

龍を愛する国を知っいますか?

ひとつはブータン

世界一幸福な国と言われるブータン

あと一つはヨーロッパ

イギリスのウエールズ

赤い龍が有名

お城には必ずと行っていいほど赤い龍が住んでいます。

日本の龍もまたイロイロな意味を持っているんです。

詳しくは、京都にて

 

 

Keiyusuke Teshima’s event was introduced on the TV of Ulaanbaatar, Mongolia
Japanese traditional art of drawing dragon’s torso with one stroke

Images featured at TV stations in Ulaanbaatar, Mongolia are here

This irresistible dynamics

A Japanese dragon crossed the sea and was introduced in the Mongolian land of the Eurasian Continent.

Keisuke Teshima, a one-bran dragon painter, holds a gallery in Kujo in Kyoto

Also at stores

Florida in the USA at the event

Los Angeles

And we have events in Macau, Hong Kong and Malaysia.

Japanese traditional technique of writing a dragon’s torpedo with a single stroke

It is a place where I can relieve what is not new.

Do you know the country that loves the dragon?

One is Bhutan

Bhutan is said to be the happiest country in the world

Another is Europe

Wales in the UK

Red dragon is famous

A red dragon lives in the castle as you can go without fail.

The dragon of Japan also has an irrigation meaning.

For details, in Kyoto

秋の京都 東寺縁日でモンゴル人に会うの巻

京都 東寺縁日散策紀行

 

2016-11-21-11-55-23

 

東寺は、京都市南区九条町にある仏教寺院。真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山でもある。「教王護国寺」とも呼ばれる。山号は八幡山。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋。 東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。(ウィキペディアより)

 

毎月21日は東寺縁日

 

全国から多くのお店が出店されて

img_1098

 

ご来場のお客さまのお顔を拝見すると

日本の方や海外からの方

流石に日本の古都京都

言葉も日本語 京の言葉から九州

そして東北

海外もフランス語から中国語

韓国語も

そしてモンゴルの言葉

もちろん英語も飛び交う京の秋の

一日

img_1171

 

日本の古都も秋の気配真っ盛りでした。

img_1111

このあと

北へ 嵐山の京都に向かいました

 

 

 

 

img_1193

 

 

みんなが知ってる京都もまた楽しいですね。

 

 

Kyoto Higashi-ji Temple walking tour

2016-11-21-11-55-23

Toji is a Buddhist temple located in Kujo-cho, Minami-ku, Kyoto city. It is Nemoto Dojo of Shingon sect, which is also the headquarters of Shingon Buddhist. It is also called “Kaigokuji Temple”. Yamanaka is Yawata mountain. Honjyoto is Yakushi Yakushi. Temple pattern is a cloud pattern. After the construction of the Toji Temple was started as a ji temple for the Heiankyo criminal proclamation, it was given to the Kukai from the Emperor Saga and prospered as the true rooted dojo of Shingon Esoteric Buddhism. (From Wikipedia)

On the 21st of every month, Toei Temporary Day

Many shops have been opened from all over the country

Img – 1098

If you see the face of visitors

For those from Japan and overseas

As an old Japanese capital city Kyoto

Kyushu from words of Japanese Kyo words

And Tohoku

French to Chinese overseas

Also Korean

And the words of Mongolia

Of course, English also fly between Kyo’s fall

one day

Img – 1171

The ancient capital of Japan also appeared in autumn.

Img – 1111

after this

I headed to Kyoto in Arashiyama to the north

Img – 1193

Kyoto everyone knows is also fun.

 

福岡ノマドな生活

福岡ノマド生活

 

世界で7番目に住みやすいまち福岡市

IMG_8127

 

イギリス発のグローバル情報マガジン『MONOCLE(モノクル)』による、

毎年恒例の“世界の住みやすい街ランキング”で、福岡が世界7位にランクインしたことがわかりました。

 

 

平成28(2016)年6月23日発売の同誌上に掲載された「世界で最も住みやすい25の都市」最新版によれば、

東京は昨年に引き続き第1位、京都も9位とトップ10入りを果たしました(日本からランクインしたのは、この3都市のみ)。

 

確かに街がコンパクト

1,天神から博多駅まで歩ける

2,市内バス(主要な場所)が100円

3,東京にあるお店がほとんどある

 

人があけっぴろげ

1,大陸に近く人の交流が多い

2,よそ者が多い

3,固定観念が少ない

 

住宅費が余りかからない

1,家賃が安い

2,物件が多い

 

 

などなどが挙げられます

会社に雇われて福岡に住むのもいい

自分でなにかをして福岡にすむのもいい

 

 

一番いいのは「自分のなにかを見つけ・お金に換え・成功する」コレが一番

 

 

おススメの都市 福岡

 

一度試しにいかがですか?

Apple Watchの「偽物」登場、ただしスイス製の高級機械式腕時計ですが

300万円近い値段で限定50個、アップルはどう出る?

 

Apple Watchの「偽物」登場、ただしスイス製の高級機械式腕時計ですが

 見た目がApple Watchそっくりの「偽物」ウォッチが登場した。ただし、電話もメッセージの機能もなく、アプリを利用したり、愛しい人と互いの胸の高鳴りをアニメーションで共有したりもできない。なのに値段は2万4900ドル(約290万円)。実はこれ、安っぽい模造品ではなく、れっきとしたスイスの高級機械式腕時計なのだ。

20160111-00010002-newswitch-000-1-view

この時計は、スイスの高級腕時計メーカー、H. モーザー(H. Moser & Cie.)が発表した「スイス アルプ ウォッチ(Swiss Alp Watch)」。デザインはApple Watchそっくりにもかかわらず、100%スイス製のムーブメントを採用。手巻きで100時間は連続使用できるという。裏側のパネルは透明で、機械式の駆動機構が見えるようにもなっている。さらに、ブログのHodinkeeによれば、ケースは18金ホワイトゴールドで、全部で50個しか作られないという。

製品化の意図は、少なくともデザインをパクってApple Watchにあやかろうというのではない。それとは逆に、アップルに対してジャブを繰り出した格好。スマートウォッチの登場でスイスの時計産業が大きな影響を受ける中、時計産業に殴り込みをかけたアップルやスマートウォッチのトレンドへの強い対抗意識から、こんなパロディー的な製品を世に出したようなのだ。「アルプ ウォッチ」という商品名も「アップル ウォッチ」にかなり似ている。

「電子式の心臓部を備え、機械式時計のように見せかけた時計を作るのではなく、その反対の道を選んだ」。同社のエドゥアルド・メイランCEOがこう話すように、アナログ的な外観を備えたApple Watchはじめスマートウォッチの流れに一矢報いるべく、外観がそっくりで内部は伝統的な機械式という、あべこべのアプローチをあえてとった。

さらに、その製品紹介ビデオも、アップルのチーフ・デザイン・オフィサー、ジョニー・アイブ氏がナレーションを行うプロモーションビデオを彷彿とさせるスタイル。それでもメイランCEOは、「伝統的な機械式腕時計にこそ未来がある。何よりも重要なのは、アップデートする必要がなく、いつの日か自分の子供たちに引き継げるという点だ」と話し、すぐに陳腐化するスマートウォッチにはない、機械式腕時計の素晴らしさを強調している。

ニュースイッチ 1月11日(月)11時45分配信記事による

 

 

スマぽち,ぽちっと,集客,集客セミナー