福岡市内より車で40分 「かえるピョコピョコ、みピョコピョコ」

カエルが「かえるピョコピョコ、みピョコピョコ」

インスタで紹介中 今日のフォロワー数 6,360

お金がかえる・恋人がかえる・幸福がかえる・健康がかえる

福岡市内から車で40分、筑紫野インターで降りて下さい。

【如意輪寺(かえる寺)】

 

大雨で福岡は「ありえへん_| ̄|○」

かえる寺は朝倉市のお隣で雨の影響絶大

雨降る前に 如意輪寺かえる寺へ行ってみたら「かえるがゲロゲロ」お出迎え

 

お寺さんなのですが「何かが帰ってきそうなんです」

 

何を返してほしいか熟考

お金?健康?恋愛?  ないかな〜  とりあえずiPhoneで「写真をいただきました」

 

カエルさんも「何かを返してほしいのか」

表情がリアルすぎ

緑も多く「マイナスイオン」と「癒やしの時間」をたくさんいただきました。

 

風鈴も筑紫平野を通り過ぎる「夏の風」で「チリンチリン」

 

 

かえるデラのそばには「麺屋 ラーメンの我ガ」や「美味しいケーキのお店 レーブ・ド・ベベ」もあって

おなかの癒やしを探しに行くのもイイですよ\(^o^)/

 

 

 

 

久しぶりの小郡 「麺屋 我ガ」のラーメン食べてます🍜 替え玉の硬さは「普通」(((o(*゚▽゚*)o))) http://hakata.top/ トンコツの味が適度に 濃くもなく薄くもなく I’m eating ramen noodle shop “Noodle Shop Oga” after a long absence Replacement ball is “ordinary” ((((o (* ゚ ▽ ゚ *) o))) Http://hakata.top/ Moderate taste of tongkotsu It is neither thick nor thin #女子カメラ #プチプラ #こってり #小郡 #太宰府 #花 #ひとり旅 #お気に入り #キレイな写真 #女子旅 #週末 #我ガ #みどころ #かえる寺 #博多のラーメン #とんこつラーメン #お店の紹介 #美味しいお店 #筑紫野 #女子部 #女子カフェ #餃子 #ラーメン #ねぎ #おすすめの店 #京都 #博多 #替え玉 #うまいもの #福岡

ジャパン・ナビさん(@japan_navi)がシェアした投稿 –

福岡から車で1時間 やっと行った「フレンチトーストの銘店 鳥栖 和サブロー」

やっと行った「フレンチトーストの銘店 鳥栖 和サブロー」

インスタで紹介中 今日のフォロワー数 6360 

朝倉 大災害の後ですが

 

福岡から車で1時間「鳥栖市フォレスポそば

古民家カフェ「和サブロー」

 

 

鳥栖インターを降りて鳥栖市方向へ

鳥栖のフォレスポについたら一番北側 できれば一番東の端に停めましょう。

鹿児島本線の線路側で博多側

 

そこが一番「古民家カフェ 和サブロー」への一番近い出入り口

 

決してJR鳥栖駅側に停めちゃダメですよ_| ̄|○

 

信号を渡るとそこに「古民家カフェ 和サブロー」が現れます。

 

 

 

なんかレトロな看板がなんとも言えません(*^^*)

 

てくてくとお店のドアを開けると「昭和にタイムスリップ」

ニャーっと猫が出てきそうな

 

コレは「古民家カフェ 和サブロー」のネコではありません_| ̄|○

 

 

今日のお目当ては「噂のフレンチトースト」を

食べる?コト

 

 

実は私「タマゴがにがて(p_-)」

一緒に行った「秘密の・・・・」ひとが

 

 

ベーコンがカリッときいて

「パリパリ」

 

一口食べると

「フルーティ〜(*^_^*)」

だったらしい・・・・・・・・・・・

 

 

 

私が食べたのは

「美味しい地産地消の新鮮野菜」

「肉厚のカリカリベーコン」

そして「パリッとソーセージ」

 

 

 

ドリンクは「あまおうのスムージー」注文

 

とっても美味しかった「古民家カフェ 和サブロー」の旅でした。

 

 

 

 

Jaopan_Naviでも

とろ〜り「フレンチトースト」 外は「カリッと」 中は「ジューしぃ〜」 http://hakata.top/ こりゃハマる 「和サブローのフレンチトースト」 と ろ り ろ “French toast ” Outside is “crispy and sweet” Inside is “Juu de __ ~” Http://hakata.top/ This is addictive. “Sabura French Toast ” #女子カメラ #鳥栖アウトレットモール #ステキ #鳥栖 #サガン鳥栖 #カフェ巡り #ひとり旅 #珈琲 #instafood #女子旅 #週末 #和サブロー #ダイエット #かえる寺 #きれい #フレンチトースト #お気に入りの店 #美味しいお店 #instapicture #女子部 #女子カフェ #古民家カフェ #癒しの空間 #ランチ #おすすめの店 #お家カフェ #カフェ巡り #福岡 #カワイイ #instagood

ジャパン・ナビさん(@japan_navi)がシェアした投稿 –

Finally we went “French toast inscriber Tosu Kazu Saburo”

Asakura Great after the disaster

 

1 hour by car from Fukuoka “Torsu City Forreso soba”

To the old private house cafe ‘Saburou’

 

 

Get off Tosu Inter and head towards Tosu city

Let’s stop at the easternmost edge if we can reach the northern side of Tosu Foresto.

Hakata side on the railway side of the Kagoshima main line

 

It is the closest entrance to the “old folk house Cafe Saburo”

 

Never stop at JR Tosu station side ___ ___ 0

 

Cross the traffic lights, “old folk house café sum subrow” appears.

 

 

 

 

I can not say anything retro signboard (* ^^ *)

 

If you open the doors of the shop, “Time Slip to Showa”

Meow cats are about to come out

 

 

Kore is not a cat of “Old private house cafe Saaburo” _ | ¯ | ○

 

 

Today’s aim is to “rumored French toast”

eat? Koto

 

 

 

Actually I am “The egg comes in (p_-)”

A “secret · · ·” person who went with him

 

 

Hear the bacon crisply

“Crispy”

 

Eating a bite

“Fruity ~ (* ^ _ ^ *)”

It seems it was …

 

 

 

What I ate

“Fresh vegetables with delicious local produce local consumption”

“Thick crispy bacon”

And “crisp and sausage”

 

 

 

The drink is “A smokey’s smoothie” order

 

 

It was a trip of “Old private house café sum subrow” which was very delicious.

 

フレンチトーストの美味しいお店「古民家カフェ 和サブロー」
とってもステキな「昭和の空間を味わいに」

 

それでも あなたは「一蘭のラーメンで満足しますか?」 一蘭を越えた「昔の一蘭」が「一蘭の故郷」にあった

九州 福岡に「ラーメンの名店」 多数あれど 福岡の中心部から車で50分

一蘭のラーメンに「勝った とんこつラーメン」があった

インスタの画像は

 

久しぶりの小郡 「麺屋 我ガ」のラーメン食べてます🍜 替え玉の硬さは「普通」(((o(*゚▽゚*)o))) http://hakata.top/ トンコツの味が適度に 濃くもなく薄くもなく I’m eating ramen noodle shop “Noodle Shop Oga” after a long absence Replacement ball is “ordinary” ((((o (* ゚ ▽ ゚ *) o))) Http://hakata.top/ Moderate taste of tongkotsu It is neither thick nor thin #女子カメラ #プチプラ #こってり #小郡 #太宰府 #花 #ひとり旅 #お気に入り #キレイな写真 #女子旅 #週末 #我ガ #みどころ #かえる寺 #博多のラーメン #とんこつラーメン #お店の紹介 #美味しいお店 #筑紫野 #女子部 #女子カフェ #餃子 #ラーメン #ねぎ #おすすめの店 #京都 #博多 #替え玉 #うまいもの #福岡

ジャパン・ナビさん(@japan_navi)がシェアした投稿 –

小郡市にそれはありました。

お店の名前は「麺屋 我ガ

 

小郡市は「一蘭の故郷」

昔の「一蘭」を知っている人は、今の「一蘭の味」は昔とは違うという

一蘭のラーメンが1杯 790円と言うのは「高すぎ」

替え玉も「190円」は、福岡 博多っ子には「あり得ない高額」味も「何かが違う」

 

ソコに現れたのが「麺屋 我ガ」

ココの特色は、まず見た目

 

まな板が来る

ラーメン様が「まな板の上に鎮座する」

 

 

コレがまた微妙

まな板が「食べ物ポイントを微調整」

お客様に「必要なサービス」を「心地いい」に変えてくれています。

お店の心使いが「こころにくい」

 

 

 

ラーメンはと言うと

 

博多のとんこつラーメン共通の「豚骨からでたスープ」

レンゲですくって「一口 口の中に豚骨ラーメン独特の香り」

決して「くどくない」

 

 

 

 

次は「赤いやつをスープと調和させる」

調和が完了したら「細めんを割り箸でキャッチ」

 

まず一口

「ふぅ~」を忘れずに

 

 

 

次は麺を口の中へ

「辛さととんこつスープがコラボ」して「チュルッと」

 

「ウマイ(p_-)」

 

麺の細さが「全国のラーメンとは違うところ」

 

 

もちろん「替え玉」絡み具合も「ラーメンの味を再度 確認」させていただけました。

ココまでの値段は、ラーメン590円 替え玉100円

一蘭のラーメンの価格との差は「満足度を超えて 一蘭のラーメンのコスパが・・・」

私の「福岡に来たらココ」の一店

 

 

逸品に選んでもおかしくない「昔の一蘭を思い出させるおススメのお店」です。

 

ちなみに駐車場が「満車」でも近くのかえる寺やレーブ・ド・ベベの運営する「なかよし駐車場」があります。

この看板にある「おじいちゃん おばあちゃんの味」が「一蘭の味」

 

一蘭ラーメンの故郷で始まる「麺屋 我ガの物語」

一度足を伸ばしてみませんか\(^o^)/

 

 

麺屋 我ガは

所在地: 〒838-0105 福岡県小郡市横隈1586−6
時間: 本日営業 · 11時30分~1時00分

“Ramen’s famous store” in Kyushu Fukuoka Many, 50 minutes by car from the center of Fukuoka

There was “Tonkotsu Ramen that won” in Ichiran noodle

The image of the Inst

 

In the case of
I’m eating noodles of small region “noodle shop yoga” after a long absence Hardness of substitute is “normal” (((o (* ゚ ▽ ゚ *) o))) http://hakata.top/ taste of moderate I’m eating ramen noodle shop “Noodle Shop Oga” after a long absence Replacement ball is “ordinary” ((((o (* ゚ ▽ ゚ *) o))) Http: // hakata . Top / Moderate taste of tongkotsu It is neither thick nor thin # Women’s camera # Petit plaque # Kogori # Dazaifu # flower # single trip # favorite # beautiful photos # women’s journey # weekend # mega # attractions # Frog Temple # Hakata Ramen # Tonkotsu Ramen # Introduction of the shop # Delicious shop # Chikushino # Women’s division # Women’s cafe # Gyoza # Ramen # Negi # Recommended store # Kyoto # Hakata # substitute # Umine things # Fukuoka
Posted by Japan · Navi (@ japan _ navi) – 2017 July 3 11:11 PM PDT

 

It was in Oguri-shi.

The name of the shop is “Noodle Shop Oga”

 

 

Oguri City is “the hometown of Ichiran”

A person who knows the old “Ichiran” says that the “taste of Ichiru” is different from the past

It is ‘too expensive’ to say that Ichiran noodles 1 cup 790 yen

“190 yen” as a substitute, Fukuoka Hakata is also “unlikely high price” taste “something is different”

 

What appeared in Soko was “noodle shop Oga”

The feature of Coco is that it looks first

 

 

A cutting board comes.

Ramen says “to sit on the cutting board”

 

 

It is also subtle

Cutting board “fine-tuning food point”

We have changed our “necessary service” to “comfortable”.

The mind usage of the store is “It is hard to find”

 

 

 

Ramen is to say

 

 

Hakata’s Tonkotsu Ramen common “Soup from Pork”

Scoop with astragalus “A pecorant scent of pig bone ramen in a mouthful mouth”

Never ‘bad’

 

 

 

 

Next “Harmonize a red fellow with soup”

When harmony is completed “catch a squat with disposable chopsticks”

 

First of all,

Do not forget “Fuu ~”

 

 

 

 

Next noodles into the mouth

“Spicy and tonkotsu soup collaboration” and “Turutto”

 

“Ummai (p_-)”

 

The thinness of noodles is “a place different from ramen in the whole country”

 

 

Of course, I was allowed to “check the taste of ramen again” about how “enthusiasts” intertwined.

The price until here is ramen 590 yen substitute 100 yen

The difference with the price of Ichiran noodles is “Cospar of Ichiran noodles exceeding satisfaction” …

One store of my ‘Coco if you come to Fukuoka’

 

 

It is not amusing to choose as a gem “It is a shop of recommendation that reminds me of an old orchid”.

 

By the way, there is a “frozen park” where the parking lot is “filled” and there are frogs nearby and the “Nakayoshi parking lot” operated by Lave de Bebe.

 

“The taste of Grandpa Grandma” on this signboard is “taste of Ichiru”

 

“The story of a noodle shop” starting at the home of Ichiran Ramen

Why do not you try stretching your legs \ (^ o ^) /

 

 

Noodle Shop Ikoma

Address: 〒 838-0105 Yokogi, Oguri-shi, Fukuoka prefecture 1586 – 6
Time: Open today · 11: 30 – 1: 00
Phone: 0942-75-1103

 

 

福岡 博多駅より車で50分
小郡の住宅地に「麺屋 我ガ」がありました。
初代 一蘭の味に感動したオーナーが、一蘭の故郷「おごおり」で始めた「ラーメン屋さん」

福岡 博多のうどんは800年の歴史 「とんこつラーメンより古い」

九州 福岡 博多のうどん なんと800年

 

福岡 博多は日本のうどんの発祥の地
ココからうどんが全国へ広がりました。
福岡空港や博多駅を降りたら「とんこつラーメン」だけでなく
「はかたのうどん」もおススメです。

 

私の大好きなうどんは、「牧のうどん」の肉うどん

特徴は、「超ヤワヤワの太めん」 コシがなくフニャフニャがぴったりの「うどんの麺」

時間がたつとサラにうどんの麺が「膨張 ぼうちょう」します。

それは「うどんのスープ」を「うどん麺」が吸っていきます。

 

 

 

小麦でできたうどんの麺が「スープという栄養」を吸って「太る 太る 渡辺直美(ごめんなさいm(__)m)」

太ったうどんの麺に「すき焼き風の甘みが乗った肉」

コレがまた絶品

味も程よく染み込んだ「すき焼き風 うどん」

お野菜も食欲を増進します。

 

そこに「入れ放題のねぎ」を山盛りにできるのが「博多のうどんの醍醐味」

私は富士山級の山盛りのねぎ

 

コレだけ盛ると「ヤッパリ スープ」が無くなる\(^o^)/

牧のうどんには必ず うどんの他に「スープと書かれたヤカン」が来ます。

 

なくなった「スープをたすためのスープ」が用意されているんです。

 

それが「牧のうどんの最高のパフォーマンス」

 

 

更に福岡には「おススメのうどん屋さん」が多数

 

私の好きなお店は福岡市中央区赤坂にある「うどん処 松島」

麺はコシのある福岡に珍しい「うどん」

きつねうどんを頼み「ねぎ多め」と女将に頼むと「ネギうどん」が届きます。

 

 

地下鉄「赤坂門駅」から徒歩2分  今日の福岡のお昼にいかがですか(*^^*)

ココはメニューも多彩

注文までに「悩むかも(p_-)」

 

ただし「怖い 大将には注意」

チョーぶあいそなので

 

福岡 博多は日本のうどんの発祥の地
ココからうどんが全国へ広がりました。
福岡空港や博多駅を降りたら「とんこつラーメン」だけでなく
「はかたのうどん」もおススメです。

 

長考「24分」 アイデアが「ちーん_| ̄|○」

ホームページのご依頼

 

長考「24分」 アイデアが「ちーん_| ̄|○」

 

昨日は、阿蘇のお水の会社様より

「ホームページを作ってぇ~」のご依頼を受け

頭をヒネってました。

 

夏の風に吹かれて 九州 福岡 筑紫野路を散策
糸島にもいきたいな\(^o^)/

 

アイデアと言うもの「考えてはでてこない」

ふとしたもの

例えば「書籍の一文や言い回し」

転びそうになってなってつかんだ「看板の柱に書いてある一文」

 

このカエルに掘られた文字や落書きに「大きなヒント」が隠されているものです。

 

 

おかしな話ですが

おうどんの味の違いは?

 

 

もしかして秘伝の隠し味??????

 

コレも作ったお店の「アイデア」なんです。

 

 

 

だから私は「意味もなく歩きます」

 

 

でも「意味のない歩きも、何かを産んでくれる歩き」に

 

 

 

季節は初夏

夏の風を体に感じて

九州 福岡をアイデアに出会うことを楽しみに歩きます。

 

 

 

Request for homepage

 

Nagoya “24 minutes” idea is “Chin _ | ¯ | ○”

 

Yesterday, from Aso ‘s water company

I received a request for “Create a homepage ~”

I caressed my head.

 

 

Idea saying “Do not think about it”

Fatty things

For example, “a sentence or phrase of a book”

“One sentence on the pillar of the signboard” that it seemed to be falling

 

 

“The big hint” is hidden in letters and graffiti dug in this frog.

 

 

It’s a funny story

What is the difference in the taste of udon?

 

 

Perhaps the hidden taste of secrecy? Is it? Is it? Is it? Is it? Is it?

 

 

It is “idea” of the shop that made Kore.

 

 

 

That’s why I walk “without any meaning”

 

 

But “Walking meaningless, even a walk that gives something”

 

 

 

 

The season is early summer

Feel the summer wind in your body

I will look forward to meeting Kyushu Fukuoka as an idea.

 

 

キンギョが10,000匹 お~~福岡に

キンギョの【ぎょぉ~】

 

夏前の風鈴が「1,000個以上」

福岡から車で「40分」

 

福岡県 筑紫野市の隣

小郡市の「変える寺」

いや

ネット・ホット・チキンではない
金魚が「ホットな夏」を連れてきます。
ガラスの中の「キンギョ」です。

 

 

カエルのグッズが「ぎょえぇ~_| ̄|○」

 

6月を過ぎ7月

 

夏の前で風鈴が「チリーンチリーン」

 

夏の風がかえる寺に

 

夏の風鈴は「蚊とのバトルが待っています!!」

 

風鈴の「音もステキ」

風鈴の「風情もステキ」

 

風鈴を中からのぞいてみたら

 

コレこそ「ギョギョ」(魚魚)

 

出来上がった写真を「探検隊」

 

全く違った「金魚がそこに」

 

お腹減りました

おやつの時間です。

 

ネット・ホット・チキンではない
金魚が「ホットな夏」を連れてきます。
ガラスの中の「キンギョ」です。

とんこつラーメンは「佐賀にあり」380円だったけ・・・・

カレーでチャチャチャ  1,000円以下で「最高気分」

 

昨日は鳥栖市 フォレスポ前の「カレーのサブロー」さんんへ

ココのホームページがカッコイイ

カレーがひとつのパフォーマンス

 

YouTubeでみてもワクワク感が最高にイイ

一度行きたくなるかあれ~屋  いや

「カレー屋さん」

 

 

「サブローカレ~」は

中身を聞くと

玉ねぎがまるごと1個 カレーのルーの中に

 

さらに

ウシウシ 牛が

佐賀牛がまるごと一匹

 

 

まさか

佐賀牛は入ってます。

 

 

 

お米は佐賀のお米

 

 

素材はこのへんで

 

 

味は「微妙な甘さ」

コレは「玉ねぎパワー」だけでない

何だこの「甘さは」

 

 

 

ビックリ

 

ココに「佐賀ネロ」という「辛さのドレッシング」をポトポト

 

 

カレーが更に「辛れ~ カレ~」

 

 

ココにトッピングの「ロースカツ」を「ドォーン」

 

 

 

とっても「満足な鳥栖の夜メシ」

サブローカレ~の「カレ~ ロースカツのせ」

 

 

 

 

サブローのホームページ ⇒ こちら

 

 

 

2人の「ほっとステーション」になるかも

 

 

そう言えば佐賀県基山町にも「ほっとステーション」があったような

 

丸幸ラーメンがあったような

「強烈とんこつラーメン」

 

Curry with Cha Cha Cha

 

 

Yesterday, “Curry’s Subrow” in front of Tosu City Forezpo

Coco’s homepage is cool

 

Curry is one performance

 

Even if you see it on YouTube, the excitement is the best.

Would you like to go once?

“Curry shop”

 

 

When listening to contents

One whole onion in a curry ru

 

further

Beef cattle

Saga beef is the whole one

 

 

No way

Saga beef comes in.

 

 

 

Rice is rice of Saga

 

 

The material is like this

 

 

Taste is “subtle sweetness”

This is not only “onion power”

What is this “sweetness”

 

 

 

Surprised

 

Coco’s “Saga Nero” “Dressing of hot spicy potato”

 

 

Curry further “spicy – curry”

 

 

Coco topping “Loose cuts” to “Dawn”

 

 

 

Very “Satisfying Tossu Night Mesh”

Saburokare – ‘Kale – Loose cutie’

 

 

 

 

Subrow’s homepage ⇒Click here

 

 

 

 

It may be two “hot station”

 

 

By the way, it seems there was a “Hot Station” in Kaiyama Town, Saga Prefecture

 

It seems like Maruyuki Ramen was there

“Strong Tonkotsu Ramen”

0.3㎡の味で「負けても」見た目で「勝つ方法」もあります。

あなたのお店「美味い」だけを目指してませんか?

「見た目で勝負」

 

そんな「刺さり方」あります。

 

 

熊本県にあった「縦横60センチ☓50センチ」の巨大お好み焼き

 

今回は阿蘇への取材の帰り

熊本県山鹿市「高専ダゴ」へ

 

お好み焼きは丸いだけではない!!
高専ダゴのお好み焼きは「四角」
ひっくり返す「パフォーマンス」は一大イベント

お客さまの「心に刺さる」お店のパフォーマンス
味で「負けるなら」見た目で「勝つ方法」もあります。

 

本店は熊本県荒尾市にあるお店の「山鹿店」

頼んだのはミックス

 

標準が3人前なので「ちょうどいい」

イカやネギなどが「てんこ盛り」

 

 

これで1,530円

 

ひとり割で「510円」

 

ココのお好み焼きは

「見た目も大事」

鉄板いっぱいにひかれた「お好み焼きの生地がいい具合に焼けると」

 

店員さんが「エイヤーって  ひっくり返してくれるパフォーマンス」

 

 

味は「お好み焼きの生地に風味」がソーズの力を借りて「いい味出してます」

 

ただし

高専ダゴ山鹿店の欠点

 

マヨネーズが20円」かかること

 

ほかのお店は「無料」

大牟田も大牟田 倉員も荒尾の本店も「無料なのに」_| ̄|○・・・・・・_| ̄|○

 

 

 

 

ま~アイいいや

コテで「ドンドン」

 

ではイタダキマス\(^o^)/

 

高専ダゴ 山鹿店情報は

こちら ⇒ 食べログ情報

 

 

Are you aiming only at your shop “delicious”?

“A game in appearance”

 

There is such “how to bit it”.

 

 

 

Huge okonomiyaki with “60 centimeters in length and width 50 centimeters” in Kumamoto Prefecture

 

This time back to Aso

To Kagoshima prefecture Yamaga City “National College Dago”

 

Okonomiyaki is not just round! It is!
“Okonomiyaki” of the National College Dago is “square”
Tipping over “Performance” is a big event

Performance of customers’ “Stimulate” heart
If you “lose” with taste, there is also “how to win” with appearance.

 

The head office is “Yamaga store” of a shop located in Arao City, Kumamoto Prefecture

 

I asked for a mix

 

Because the standard is three servings “just right”

Squid and green onions are “Tonkotsuri”

 

 

This is 1,530 yen

 

“510 yen” by one person

 

Coco’s Okonomiyaki is

“Looks are also important”

When the okonomiyaki fabric is baked in good condition

 

The store clerk says “Performance that Aya tips over”

 

 

The taste is “flavor in okonomiyaki fabric” with the power of Sorses “I have a good taste”

 

However,

Disadvantages of the National College Dago Yamaga store

 

“Mayonnaise costs 20 yen”

 

Other shops are “free”

Omuta, Otuda Kurakame, and the head office of Arao are “free though” _ | ¯ | ○ ····· _ | ¯ | ○

 

 

 

 

Well ~ I mean

In the iron “Dong Dong”

 

 

Ita-dakimasu (^ o ^) /

 

NGO Dago Yamaga store information

Here ⇒ Eating log information
ビジネス向け Google 翻訳:翻訳者ツールキットウェブサイト翻訳ツール