集客ツール

LINE@ライン・アットお友達の数が300を超えたら 定期メッセージを送りましょう

 

LINE@ライン・アットの情報配信について
⇒こちらをクリック

LINE@ライン・アットのお友達の数が300を超えたら
・定期メッセージを送りましょう

LINE@ライン・アットは友だち登録をしてくれたお客さまやファンに一斉配信することができます。

配信の事前予約も可能なので、キャンペーンやイベントに合わせて臨機応変に利用できます。

定期的に配信することにより最初は無視されて読まえらなくても、何度も配信するうちに見てくれる可能性が上がります。

ただココで必要なのはお友だちの数です。

最低300人がお友だちになっていただいてないと、その効果は「限りなくzero  ゼロ」です。

またお友だちが増えて500人を越えた場合
月額5,000円(税別)のプランにご加入いただくことをオススメ致します。

またメッセージの注意としては
・早朝・深夜の配信
・一度に大量の枚数の情報の配信
・絵文字やURLの大量利用
・長すぎる文章

あくまでも受け取りは「スマホ」ということを注意しておいてください。

ネットやお電話でのご相談も可能です、
電話の場合 080-5803-2400 です。
メールは、落ち合わせ欄にご記入いただくと折り返しメッセージいたします。

既導入実績
観光業関係      あさくら観光協会さま ほか
宅配関係       お水のアクアクララさま ほか
温浴施設・ホテル関係 万葉の湯さま ほか
高級旅館関係     平成ビューホテルさま ほか
多数のスマホを使った売上アップのご提案を行っています。
導入費用も3万円からと気軽に開始できます。

 

スマホ客を必ず「呼びこむ最強の仕掛け」はこれ読んで!!

実は私 Fukuoka(フクオカ)は、スマホ時代の今
駅前の美容室やエステ・サロン

そして定食屋さん

12065962_923090147772354_5496222476188004643_n

そして子供服屋さん
宅配のお弁当屋さん

ハンドメイドの作家さんの「集客UPアップ」もお手伝いしています。

そして通販業のお客さま
更に福岡県朝倉市の原鶴温泉の大手旅館さまの集客アップのため

『スマホを使った』集客のためのツールをご提案をしたり

集客アップのための『LINE@ライン・アット』を使って様々なコンサルタントを行っております。

皆さんがよく知っている「お水のアクア◎◎さま」もご契約いただき
ありがたいお言葉を多数いただいております。

ココでなぜ『スマホでお客さまをつかむことが』
今 大至急やらなきゃいけない事なのかをしっかり考えましょう!!

少し前までは、
1,Facebook
2,ブログ
3,ツイッター
4,ホーページ
などを書きましょう、そして「自分をブランディング」しましょう!!って

みんな言ってましたよね

しかし、現在やることは「スマホに特化したツール」をあなたは作りましたか?って事

url


では具体的に何をやればいいのでしょう

ヒントは
あなたのターゲットとしているお客さまが
1,知りたいことが何かを理解していますか?
2,お客さまに疑問となる何かを提示していますか?
3,あなただけの何かを提供していますか?
などをきちんと「整理して何をするか」をみえることで「きっとあなたのお店は”トンガリ”ます」

ではどうやるか
1,スマホに特化したツールを使いこなすこと
2,プッシュ型のツールを利用すること
3,動画(ユーチューブなど)を利用する


決して難しいことではないのです。

わたくしFukuoka(フクオカ)は、個別相談からセミナー

そして具体的にお店のスマホ集客ツールをご提供しています。
提供価格も3万円から

お金のことはご心配なし(^O^)
ご相談ください

 

平安時代の盛り塩は、お金と男と幸せを持ってくるための「最強のツール」だった!

毎月 1日と15日には、お家の玄関や神棚

お店をされている方は、店先に盛り塩をされるところが多いようです。

url

「盛り塩」の意味を調べてみました
1,邪気を払い、清めてもらう
2,昔からの言い伝えだから

など

しかしコレがいつから始まったか

調べるとあることがわかりました

いまを遡ること平安時代
この頃の結婚生活
貴族の世界ですが

結婚形態が「通い婚 かよいこん」
男性が気に入った女性のうちへ「牛車に乗って」やってくる

女性の生活といえば「男性からの資金提供」で
十二単もお化粧も「ダイエット」も(まさか・・・)

幸せも「牛車にのってやってくる」時代

240_F_19755524_hYfCea8LhQ4Bpw2TTe7fxS6y22QnW9F4

そこで女性は自分の館やかたの前に
「盛り塩」をしたのです。

ナゼかって?

牛が疲れてくると(人間もですが)
『塩分が必要になる』


『塩 しお』
です!!

url



塩をなめさせると「牛がそこから動かなくなります」

それが「盛り塩」の役割だったんです。

平安時代の夜は、いまみたいに「明るくありません」

漆黒の闇「真っ暗 まっ黒くろベイ」

そんな時代の「お金と男と幸せ」を運んでくれるツールが「しお」

あなたも 究極の集客アップツール「盛り塩」してみませんか?

次回は「恋愛の前の大事なお風呂
平安時代のお風呂はいかに」
です

opt_in_button_red