スマホ集客代行サービス

あなたのインスタに「イイネを100」もらってみたくない?

あなたならホームページをやめる勇気ありますか?

 

あっ ホームページ 作ってなかったんですね_| ̄|○

スマホに限定した「あなたのお店必要なSNS」は

集客のためなら Instagram インスタグラム

あなたのお店の雰囲気

あなたのお店で働く人

あなたのお店の周辺

あなたのお店の商品

あなたの店の出来事

 

などを「一枚の写真」にしてみて「スマホで感動」を与えることで何がおこるか

あなたのお店をみてみたい

あなたお店をのぞいてみたい

あなたのお店の商品をみてみたい

あなたのお店の人とあってみたい

あなたのお店を調べてみたい

 

 

ココまで来るための最高のツールが「インスタ」です。

インスタの作り方の特色は「スマホで作る」こと

ホームページやFacebook、ブログ、ツイッターなどと違うことは「スマホで作る」こと

 

ココが「インスタの特色」のひとつ

お手軽なんです

簡単なんです

記事をアップするには

 

 

でも「難しいんです」

 

写真をとるのはあなたです。

その写真を観るのは「スマホの向こうのお客さま」

 

こんなことありませんか?

「他人の子供のビデオを見せられたこと」

 

 

撮った本人や家族には「とてもカワイイ」から「人にみせてもカワイイ」

みせびらかしたい

これはあなたの気持ち

それをせた人は「迷惑な話」

おあいそで「カワイいねー」

 

 

 

インスタの写真も「みなさん勘違い」

あなたの写真をどれだけせても

フォロワーが増えなかったり

イイねが増えない

 

その原因がこの理論にもとづいています。

あなたがお客さまなら「このお店」に行きたいですか?

 

インスタの写真のポイントは「あなたがお客さま」になってみることです。

 

 

次回のブログ記事は「あなたのお店の写真」にイイねが増える

自己満足のインスタから「お客さま満足」へのインスタへ

お楽しみに

 

私のインスタは ⇒ こちら

@Japan_Navi で検索して下さい

 

 

あなたのお店の「インスタはSNSでシズル感」が伝わってきません

インスタ インスタグラムでいかにイイねをもらえるか?

単純に写真をアップすれば「イイね」がふえる?
フォローをたくさんすれば「フォロワー」がふえる?

 

飲食店のインスタの良さは、スマホのお客さまに「美味しさを伝えられること」
あなたのお店の美味しさをつたえていますか。
イイねやフォロワーが増えないのは「美味しさが伝わっていない」からです。
インスタの画像、写真に必要なのは「シズル感」なんです。

そんなことはありません。

Facebookとちがいインスタは友達関係でのつながりの要素は非常に低いsnsツールを理解してください。
お店の集客で考えてみましょう。
例えば 飲食店

お客さまになる導線は
1,知る
2,興味を持つ
3,調べてみる
4,行ってみる もしくは 連絡をする
5,食べてみる
6,美味しい もしくは まずい
7,また来たい もしくは もう来ない
8,人に伝えたい もしくは まずいよって伝える
9,人気店になる もしくは つぶれる

ココでまずやらなきゃいけないmastアイテムは
ホームページ
Facebook
ブログ
Line@ ラインアット
インスタグラム
ツイッター
などの設置と運用

飲食店の興味を持ってもらうには
インスタ ⇒ ホームページが一番イイと思います。

なぜなら
インスタの画像でスマホの向こうのお客さまに「シズル感」を伝えられるからです。

まだ食べていないお客さまに
画像だけで「美味しいキモチ」になっていただければ
それだけであなたのお店の「差別化」が完了します。

ご来店いただいたお客さまには
必ずLine@ ラインアットの登録をしてもらいましょう。

なぜって
Lineのメッセージの開封率は70%を超える場合があります。

一度
食べていただいたお客さまに
「新メニューのお知らせ」
「お誕生日への誘導」
「あなただけへのプレゼント」などのメッセージをスマホに

この2つのツールの利用が
あなたのお店を「繁盛店へかえます」

楽天、Amazon出店 その差は「固定費だった」

通販と飲食店の集客コンサルのお仕事いただきました。

頭を悩まし、ただ今企画書を仕上げています。

飲食店なので

食べログやぐるなびをホームページ代わりに使って

FacebookとLINE@ライン・アット

そしてツイッター

 

さらに通販はAmazon出店で

 

IMG_8966

 

コチラの写真は、甘いモノですが

取り扱う商品は「ちゃんぽんと唐揚げ」

Amazonの出店仕様書を読み込んでますが

楽天よりわかりやすい

導入イメージ3.002

 

楽天の場合、お店を出店のイメージでしたが

Amazon出店の場合「品物をアップ」していく形式

 

楽天みたいに広告を買うとか

「後出しジャンケン」がないのがいい

企画書も経費の部分とかがスゴく書き込みやすいのを発見

 

独自でショピングサイトを構築されているお店も多いと思いますが

やはり「大手ショッピングモールの力は偉大」

 

またAmazon出店がいいのは「初期費用がかからないこと」

楽天の場合

悪天大学やら

間違った「楽天大学やら固定経費がおもったより高い」

 

食品なので「4,900円の固定費と売上の10%」でいい

 

コレなら「少しは気持ちがラク」

あとは売れることを祈るだけです

 

 

1,000円カットお店にもコレだって言うものを発見しました!!

スマホ集客代行の”裏ワザ”教えます

cropped-w3_0RGGJRAeuSwx1458023872_1458024336.jpg

 

先日1,000円カットに行きました

1,000円カットのお店はみんな同じと思っていませんか?

私も以前から同じと思っていました。

 

ところが違ったんです!!

 

どこが違うか

カットしてくれる人の個性とスキルがプラスされていたんです。

 

マニュアル通りのカットだけでなく

「1,000円カットお店にもコレだって言うものがあったんです」

 

 

コレがお店の「ウリ!!」に繋がるんです。

 

ココがポイント(´・ω・`)

看板は同じでもその中で働く人に「ウリ!!を見つける」

コンサルする時、何かにキラーコンテンツを求めます。

 

商品に差別化ができない時、人に差別化を求めてみることも必要です!!

1af40001acafe9fa2f537d841edbb087_s

 

もしそのキラーコンテンツがわからないならば、自己流だと見つからないかもです。

 

繁盛店を目指すのならコンサルタントに頼むのが一番

”魔法の裏ワザ”を聞いてみるのもいいのかも

 

スマホ集客代行サービスは、初期費用無料

毎月5,000円(別途税)で”繁盛店へのお手伝い”しています。

内容は

1,HP(ランディングページ)作製

2,FacebookやLINE@ライン・アットなどの作製もしくは修正

3,毎月のスマホ集客代行サービス

4,個別のご相談

ただし、ネットでの申込ではなく個別相談ができるお店さんに限っています。

福岡地区限定での受付です。

詳しくは