スマホユーザー

繁盛店は必ずもってる「6つの集客ツール」

あなたのお店を知ってもらうにはスマホ用に

次の6つの「必殺ツール」をつくりましたか?

あなたのお店には「6つの集客ツール」が必要だ

これが「あなたのお店を繁盛店にかえる」

1,ホームページ

2,ブログ

3,Facebook

4,ツイッター

5,ライン@

6,インスタグラム

「もちろん作りました」ですか?

では、毎日更新していますか?

「ハイ」or「イイエ」?

こんなにたくさんのツールが「全部はムリ」ですよね

「忙しくてでみません」

 

6つのツールのポイントはこれだ

1,ホームページはあなたのお店の顔

   あなたのお店がどんなものをあつかっているのか知りたいはずです。

2,ブログ

   ブログは積み上げです、そしてネット検索で上位表示するにはブログ必要です。

   Facebookでは上位表示する事はできません

3,Facebook

   作るならフェイスブック・ページです。

   Facebookページならば検索対象になります。

4,ツイッター

   拡散性をねらうならばツイッターが一番

   キーワードはハッシュタグ このハッシュタグが拡散性のキーとなります

5,ライン・アット

   一度ご来店いただいたお客さまへのメールはこのSNSが最強のツールです。

6,Instagram

   写真というもので視覚にうったえる「今一番の広告ツール」です。

   写真がお店の「第一印象」を決定します。

以上6つが、あなたのお店を繁盛店にかえるのです。

でもこれは「机上の論理」なんです。

確かに全部やればいい

そしてSEO対策も十分できるにこしたことはない。

 

そのためにかかる費用は

ホームページが50万円?

確かにかかる

「プロに頼めば」

 

そりゃムリでしょ

 

「あなたのお店に」ありますか?

続きはまた明日

 

一晩寝て考えてみて下さい

 

あなたのお店は
ホームページ
ブログ
Facebook
ツイッター
ライン@
インスタのうち「どれをやめる」勇気がありますか?

ハンバーグのお店が失敗した 悪魔の「期限切れのクーポン」

クーポンって知っていますか?  もちろんですよね

数年前「おせちの問題がネットやテレビをにぎわせました」

グルーなんちゃらm(_ _)m

クーポンの問題は日本だけでなくアメリカでも起きてるんですよ

日本で「クーポン共同購入サービス」このサービスの問題点は
申し込んだお店の問題

 

 

 

問題は手数料

 

定価が1,200円の「ハンバーグ定食」が50%OFF「お得クーポン

 

cp_scrs
では、お店に残るお金はいくらだと思います?

「300円 なんです」

そう 「たったの300円∠( ゚д゚)/」

これを利用したお店のオーナーは、家族に相談したそうです。

家族は大反対<(`・ω・´)

当たり前ですよね、もうけでなく「赤字を産んでしまう」
クーポン

 

cp_scrs

ではなんでオーナーは「クーポンを発行したのでしょう?」

それは「他のオーナーの多くが評価」したから
そしてクーポン会社から
「広告効果がとっても高いですよ\(^o^)/」

この一言
結果、50万円近くの「大赤字」

そして問題は続く

「期限切れのクーポン」
を持参のお客さまが
ご来店

すったもんだの末、「もうこの店に来ない!!<(`・ω・´) 」

クーポンの仕組み、メリット、デメリットを理解せずに飛びつくと、
予想もしない広告費をかけたあげく、常連の大切なお客さまを失うこともあるんです。

でも否定はしません

「クーポンは広告の材料としてはイイ商品かもしれません」

 

cp_scrs

 

 

X DAIGOX hapimoniX LINEX LINEマスターX LINE@ライン・アットX アプリX ゴールデングローブ賞X サッカーX ジェラトーニX スマぽちX スマホX ノンストップX 北川景子X 博多X 名前を一音ずつ下げるとカオスX 国主導X 天神X 成人の日X 新成人X 景子X 決勝X 福岡X 連休最終日X 鏡開きX 高校X 高校サッカー

 

スマホにはこの「ハッシュタグ」が大事

ハッシュタグの話

シャープではじまる「#」シャープ

検索方法の大きな要素です

いままではSEO対策で「言葉 ことば」が大事でした

下の表を観てください

Facebook ツイッター  インスタグラム の3つ

これからのスマホにはこの「ハッシュタグ」が大事なんです

スクリーンショット 2016-01-06 19.53.57

ハッシュタグ付け方も単順に「#をつけるだけではダメ」

半角が必要

それと使えない文字も多数あります

詳しく聞きたい方は ⇒ こちらまで

続きは ⇒ こちらまで


読者登録してね

 

LINE@ライン・アットで売り上げランキングや人気ランキングをお知らせ

LINE@ライン・アットで何ができるのか知っていますか?
1,自己消費(自分で使う)ための情報
2,お客さまプレゼントのための情報
3,モニター募集情報
4,イベント招待
5,求人情報

こんなことができるし、やることが大事なんです

その他
・割引クーポン(できたら500円くらいでいいです)
・空室情報
・女性限定企画、カップル企画
・おまけ企画
・無料サービスクーポン
・年間行事に対するプレゼントクーポン
・アンケートに答えてクーポン
・その他 売り上げランキングや人気ランキング
・口コミプレゼント
・セミナー情報

などを「きちんと・必ず」繰り返すことができると「きっとLINE@は成功する」のです。

でもご自分でこれを行うのは至難の業
LINE1


LINE@ライン・アットの制作と配信はおまかせ下さい。

050に電話をかけるだけで「アイコンが完成」の
【スマぽち】とLINE@ライン・アットを組み合わせた新しサービスは、月額15,000円(税別)から

お友だちが増えて500人を越えたら
月額5,000円(税別)のプランにご加入いただくことをオススメ致します。

またメッセージの注意としては
・早朝・深夜の配信
・一度に大量の枚数の情報の配信
・絵文字やURLの大量利用
・長すぎる文章

あくまでも受け取りは「スマホ」ということを注意しておいてください。

詳しくは ⇒こちらを見てください


ネットやお電話でのご相談も可能です、
電話の場合 080-5803-2400 です。
メールは、落ち合わせ欄にご記入いただくと折り返しメッセージいたします。

 

 

 

既導入実績
観光業関係      あさくら観光協会さま ほか
宅配関係       お水のアクアクララさま ほか
温浴施設・ホテル関係 万葉の湯さま ほか
高級旅館関係     平成ビューホテルさま ほか
多数のスマホを使った売上アップのご提案を行っています。
導入費用も3万円からと気軽に開始できます。

 

 

スマホ検索がPC検索が逆転 レコメンド☓ソーシャル☓サーチが成功の必勝方程式!!

数年前までインターネットを使ったお店や通販の集客は、パソコン(PC)を使ってネットユーザーに
サイトを構築し、検索して見つけてもらうことが主流でした。

 

topics_191_1
しかし時代は、iPhoneを代表としたスマートフォンと呼ばれるスマホがネットの主流となってしまいました。

現在では、PCのユーザーをスマホのユーザーがインターネットの主流となりました。

08251338_4e55d1c9b1ff4
事実、アメリカのGoogleは2015年5月 自社検索サービスで
日本やアメリカを含む10カ国でモバイル検索が
PC及びタブレットでの検索を上回ったと発表しました。

さらにスマホ利用を促進する割安スマホの発売も各社から行われ
「スマホに対応(特化)した情報配信」を行うことを避けては通れない時代です。

今後についても、WiFi環境もさらに整い、外国からのお客さま
そうインバウンドのお客さまへの対応もこれからの
お店の一番大きな「ツール」なのです。

さらにこれから起こることは「オムニチャンネの構築」が必要です。

「オムニチャンネル」とは
あらゆるチャンネルの意味で
1,店舗やECサイト
2,電子メール
3,ソーシャルメディア
のそれぞれを「シームレスに統合する必要性」が出てきました。

そのための必要なツールが「スマートフォン スマホ」なんです!

顧客は
1,時間
2,場所を超えあらゆるチャンネルが選択肢となるのである。

特に大手のスピードは早い
1,セブン-イレブンしかり
2,ユニクロ UNIQLOしかり
そんな時代

地方に住む私達も考えねばなりません

数年前なら「メルアドが一番必要」としていた企業

例えば「楽天」などの販売手法も「LINE@ ライン・アット」などの新しいツールにて
「販売の形態の変更」に迫られているのです。

でもあきらめることはありません。

そのような時代だからこそ「スマホを使いこなすのです」

 

スマホユーザーの取り組みがこれからの

ネット集客のカギ! 

 

レコメンド☓ソーシャル☓サーチが

成功の「必勝方程式」

スマホ時代へのシフトをお手伝いします!