江戸のもんじゃを食べつくす

明治中期に、東京隅田川河口の中州を埋め立てた東京湾の埋立1号地として月島は生まれました。

 

訪れたのは「月島もへじ」

月島のコインパーキングに車を入れ

月島の商店街をあること5分

月島にもんじゃ焼きのお店が多い事

「月島もんじゃ焼き蔵」とか名店が多く

たどり着いたのが ココ「月島もんじゃもへじ」

 

 

頼んだのはシーフードもんじゃ

 

福岡出身なので作り方がわからず

お店の人にシャカシャカやってもらいました

 

 

ソースの焦げた香りがとっても食欲をそそりました。

 

早く、早く食べたいもんじゃ焼き

 

キャベツがナゼかココロの食欲をそそります。

 

店員さんからのGOサインをもらい

小さなコテで端っこから、ヤキヤキ

サー食べるぞ〜

 

キャベツの甘さとおつゆの味が最高のコラボを発揮する「月島もんじゃもへじ」でした。

 

Eat Edo’s Monja

Tsukishima was born in the middle of the Meiji era as landfill No. 1 in the Tokyo Bay that landfilled in the center of Tokyo Sumidagawa estuary.

I visited “Tsukishima Moeji”

Put the car in Tsukishima’s coin parking

Tsukishima’s shopping area is 5 minutes away

Munjima has many shops in Monjyaki

“Tsukishima Monja Calcare Collection” and many famous stores

It is here that came “Tsukishima Monjua no Heji”

She ordered seafood Monjo

I am from Fukuoka, so I do not know how to make it

A shopkeeper asked me to shakashaka

The burnt fragrance of the sauce appetizes very much.
I want to eat sooner and early, Monjayaki

Cabbage intensifies appetite of nose or heart.

I received a GO sign from a clerk

From the edge with a small iron, Yakiyaki

I will eat sir ~

The sweetness of cabbage and the taste of soy sauce showed the best collaboration “Tsukishima Monjuhaenji”.

 

店名
海鮮もんじゃ もへじ
住所
〒104-0052
東京都中央区月島3-16-9
リノスタイル月島1F A号室
営業時間
11:00-23:00
定休日
なし
電話番号

03-6204-2314