ナビ・ジャパン は日本ステキ発見なページです

やっぱりラーメンは、博多のトンコツですか? もしかしたら東京の下町や京都の路地裏に色んなステキなスポットがあるかも(๑´ڡ`๑) そしてうどんにのせる「ネギや天ぷら」なども発見があるかも!! 芋の天ぷらもヒットかも

※ああ〜勘違い※ 江戸時代の年貢は、決して高くはなかった(江戸時代が終焉を迎えた理由のひとつ)

   

人の苗字を考えてみる宇宙

お店の看板のどこかに「お店の名前が書いてある」
例えばオーナーの名字が使われていたり、思い入れのあるお店のの名前があったり。
イロイロな名前がありすよね
日本人の名字って不思議ですよね
名字が みんなに与えれれるようになって約160年位
江戸時代は、武家階級や一部の方たちに与えれれたものでした
全体の割合で行くと
約15%程度の人しか名字というものが与えられていなかったらしいです。
名字が与えられていた人たちが 選ばれた人たちかというと
そうでもない

コレが大きな勘違いを生んだ

名字をもつ層の人達は、農民の方たちが収める年貢、お米に頼っていたのですが
年貢は「農民を苦しめていた」様に思われていますが
実はそんなことはない
そんなことをしたら農民は、土地を捨てて逃げていっちゃてたんです。
ごく常識的な範囲での年貢
それもお米が江戸時代の初めと終わりで劇的に変わったかというと
技術革新もなく大した差は生じない
武家の人口も年貢に応じて増えることもない
政や江戸普請などでお金は「減る」
時代を重ねる毎に貧乏に貧乏担っていくのは普通

そこで大きな改革が起こったのが 明治維新

年貢に頼る限界が新しい時代を迎え
通貨での政が必然的に起こったんですね。

Think of people’s surname

Somewhere in the signboard of the shop “The name of the shop is written”

For example, the owner’s surname is used or there is a name of a shop that has a thought.
You have a name for that

It is strange that the Japanese surname
About 160 years as my family name got given to everyone

The Edo period was given to the samurai class and some people
Going by the percentage of the whole
It seems that only about 15% of people have been given a family name.

If people say that the people who were given the surname were chosen
Not really

Kore makes a big misunderstanding

Those in the family with the last name had relied on rice, the yearly contribution of farmers
It is thought that the annual award is “suffering farmers”
In reality no such thing

If such a thing was done, the farmers had left the land and ran away.

An annual contribution within a very common sense range

Whether or not rice has changed dramatically at the beginning and the end of the Edo period
There is no technical innovation and there is no big difference

The population of the samurai also does not increase according to the annual contribution
Money “decreases” with politicians and Edo praises etc.
Every time we age, it is normal to get poor and poor

A major reform occurred in Meiji Restoration
The limit to rely on a tribute celebrates a new era

 - うんちく, 日本伝統文化, 最新情報 , , , , , ,