冬の日本 京都は美術の宝庫

 

京都市内 嵐山への道すがら

朝のひとしずく

 

緑と赤の対比 コントラストが私に語りかけてきました。

 

 

福岡 九州も寒いのですが

日本も縦に長く

北は雪

 

そんな時、あったかな日本茶をいただきに「 京都 」へ行きたくなります。

 

 

 

 

お茶とご一緒いただきたいのが「 甘いもの 」

甘味と呼ばれるあまいスイーツや日本の美味しいもの


 

これって日本人の持つ特権と言うものですね。

 

日本には京都という歴史のもつ素晴らしい悠久の時間

そして

京都にしかない伝統

 

 

 

 

 

 

冬の京都は人間の罪を洗う拠り所

 

 

言い換えれば「 ストレスを開放する所 」

 

ステキな京都は冬の装い

 

全てを飲み込み行き続けている街

それが京都です。

 

 

人々の憎しみも喜びも全て飲みこんでいる京都は

「 冬の装い 」

 

 

 

 

Japan in winter Kyoto is a treasure house of art
The way to Arashiyama in Kyoto city

Drop in the morning
The contrast between green and red contrasted to me.
Fukuoka Kyushu is also cold

Japan is also long in the vertical direction

Snow in the north

At that time, I would like to go to “Kyoto” for Japanese tea.

What I would like to have with tea is “sweet”

Sweetness called sweetness
Is this a privilege of the Japanese?

Japan has a wonderful eternal time with the history of Kyoto

And

A tradition that is only in Kyoto
Winter Kyoto is washing off human sin

In other words “place to release stress”
A wonderful winter clothes in Kyoto

A city that continues to swallow everything

That is Kyoto.
Kyoto is drinking all the hatred and joy of people