京都の冬は「 ステキな季節 」

  • LINEで送る

206516

 

日本の伝統文化「 着物 」

 

様々な「 いろ 」と「 絹 」が創り出す「 日本の美 」

洋服とは全く違う「着るという世界観」

img_1098

古着もひとつの世界

お洋服なら中古 『 古着 』の世界は価値を失うもの

でもお着物 例えば『 ちりめん絞り 」は逆に価値を持つ

 

不思議な世界

 

お着物はその商品の価値と歴史で価格が決まっていきます。

 

毎月 21日は「 東寺縁日 」日本中のお着物の古着が集まってきます。

 

京都の秋も冬に移り

新しい季節が始まっています。

 

一度、京都の冬を味わいませんか?

 

Facebookは ⇒ こちら

 

 

 

Traditional Japanese culture “Kimono”

Various “Iro” and “Silk” create “Japanese beauty”

It is totally different from clothes “the world view of wearing”

Img – 1098

Clothes are also one world

If it is clothes second hand “old clothes” world will lose value

But the kimono, for example “crepe squeeze” is worth the opposite

Mysterious world

The price of kimono will be determined by the value and history of the product.

On the 21st of every month, clothing of “Kimono on the East” will gather in Japan.

Fall in Kyoto also moved to winter

A new season has begun.

Will not you taste the winter in Kyoto once?

 

 

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

コメントを残す

*