市松人形 日本古来の伝統文化の結晶かもしれませんね  ちりめんとか絞り 石膏の技術

  • LINEで送る

img_1171

 

市松人形  京人形とも呼ばれている日本古来から伝わる人形なんです。

ウィキペディアによると

市松人形(いちまつにんぎょう)とは、着せ替え人形の一種である。東人形、京人形とも呼ばれ、京阪地方では『いちまさん』の愛称で親しまれている。

桐塑または木で出来た頭と手足に胡粉(ごふん、蛤粉ともいう)を塗り、おがくずを詰め込んだ布で出来た胴につなげた人形で、裸の状態で売られ、衣装は購入者が作成する。

女児の遊び道具のほか、裁縫の練習台としても使用された。大きさは 20 cm ほどの小さいものから 80 cm を超えるものまであるが、40 cm 前後のものが一般的である。女児の人形と男児の人形とがあり、女児の人形はおかっぱ頭に植毛が施され、男児の人形は頭髪が筆で書かれている。

市松人形の名前の由来としては、顔立ちが江戸時代中期の歌舞伎役者、佐野川市松に似ていたため市松人形と名付けられたと言う説、当時「市松」と言う子供が多かったので、子供の人形と言う意味合いで市松人形と呼ばれたと言う説、市松模様の衣装を着せて売られていたため、市松人形と名付けられたと言う説がある。

江戸で「人形」と言えば市松人形を指すほどだったが、子供のおもちゃとしては壊れやすいことから、次第にセルロイド製の人形やソフトビニール製の人形に追われ、観賞用へと用途が変化していった。そのため、観賞用途で作られた市松人形には、着せ替えを行えないものもある。1927年人形大使としてアメリカに贈られたことから、一時期、人気が出たが、おもちゃとしての復権までには至らなかった。

現在市販されている市松人形は、ひな人形の脇に置かれるものとして、頭部が石膏、体がポリウレタンで作られたものが多い。このタイプは台座に固定された立像で、着せ替えができない。座りや着せ替えができるタイプは、専門の人形作家の手によって伝統工芸品として制作・販売されている。

 

顔立ちも日本人特有ののっぺり顔

 

昔はやった「しょうゆ顔」

img_1098

 

着ている着物も「ちりめん」や「ちりめん絞り」

今のバービーちゃんやリカちゃん人形

 

 

日本人ならではの「石膏を使った」お人形

 

これも日本の伝統文化の技術のかたまりなのかもしれませんね

 

京都はやはり「古き日本息づく街」

中国やアメリカからの観光客が大勢押し寄せる街

また行きます

秋から冬の装いに変わる今日の街へ

詳しい情報 ⇒ こちら

 

 

It is a doll transmitted from Japan’s ancient times which is also called a checkered doll Kyo doll.

According to Wikipedia

A checkered doll (Ichimatsu ginkgo) is a kind of dress up dress. Eastern dolls, also known as Kyo dolls, in the Keihan area “Mr. Ichimasan” is familiar with the nickname.

It is sold in a naked state dressed in a crown made of paulownia wood or wood with a head and limbs and limbs (also called fungus, powder) and made of cloth packed with sawdust, the costume is purchasers .

In addition to girls’ play equipment, it was also used as a sewing practice platform. The size ranges from as small as 20 cm to over 80 cm, but around 40 cm is common. There are girls ‘dolls and boy’ s dolls, girls ‘dolls are crowned with hair transplanted, boy’ s dolls are written with a brush.

As the origin of the name of the checkered doll, since there were many children who said that the face was named a checker doll because it resembled a Kabuki actor in the middle of the Edo period, Sano River checkmate, at that time, “checkered”, a child doll The meaning that it was called as a checkered doll in the meaning, as sold with a checkered pattern costume, there is a theory that it was named a checkered doll.

In Edo it was enough to point to a checkered doll, but as a child’s toy it was easy to break, so it was gradually chased by celluloid dolls and soft vinyl dolls, the use changed for ornamental purposes I did. Therefore, some checker dolls made for viewing purposes can not change dress. In 1927, as a gift to the US as a puppet ambassador, it gained popularity for a while, but it did not reach the right as a toy.

Currently marketed checkered dolls are placed aside by a hina doll, many have plaster made of plaster, body made of polyurethane. This type is a figurine fixed to the pedestal, you can not change dress. Types that can sit and change dresses are produced and sold as traditional craftwork by hands of professional doll authors.

A face peculiar to a Japanese face peculiarly

In the past “Soy Sauce Face”

Img – 1098

Also the kimono you are wearing is “crepe” or “crepe squeeze”

Now Barbie and Rika chan doll

A doll unique to Japanese “using plaster”

This may also be a piece of technology of Japanese traditional culture

Kyoto is still “an old Japanese breathtaking city”

A city where tourists from China and the United States rush

I will go again.

Today’s city changes from fall to winter attire

More information ⇒ here

 

它是由日本古代其也被称为方格娃娃见长娃娃发送的玩偶。

根据维基百科

格仔布娃娃(市松白果)是一种打扮打扮。东方娃娃,也被称为见长娃娃,在京阪区“Ichimasan先生”是熟悉的昵称。

它是在对头部和四肢,四肢(又称灵芝,粉)制成泡桐木材或木材而制成的布挤满了锯末冠穿着裸体状态下出售,服装是购买者。

除了女孩的游乐设备,它也被用作缝制的实践平台,尺寸从小到20厘米范围为80厘米,但约40厘米常见的。有女孩的娃娃和男孩的玩偶,女孩的娃娃戴上了头发移植,男孩的玩偶被写入用刷子。

由于格仔布娃娃的名字的由来,因为有许多孩子谁说,脸被评为检查娃娃,因为它类似在江户时代,佐野河击破中间的歌舞伎演员,在那个时候,“格仔“,一个孩子娃娃的含义,它被称为在含义方格娃娃,与方格图案服装出售,有一种理论,它被命名为方格娃娃。

在江户时代这足以指向一个格仔布娃娃,但作为一个孩子的玩具很容易折断,所以它逐渐被赛璐珞娃娃和软乙烯基玩具娃娃追逐,利用改变装饰用我做到了。因此,一些检查娃娃观看用途不能改变的礼服。1927年,作为礼物赠送给美国,成为傀儡大使,它赢得了声望了一段时间,但它没有达到合适的玩具。

目前市场上销售格仔布娃娃是由雏娃娃一边放置,多有石膏制成的石膏,聚氨酯制成的身体。这种类型是固定在底座一个雕像,你不能改变的衣服。可坐类型和改变服装生产和作为传统工艺由专业作家娃娃手出售。

A面特有的日本独有的脸

在过去的“打酱油脸”

图 – 1098

另外你穿的和服是“可丽饼”或“绉挤”

现在,芭比娃娃和陈丽卡娃娃

独特的日本“膏药使用”A娃娃

这也可能是一块日本传统文化的技术的

京都仍然是“一个古老的日本壮丽的城市”

一个城市,来自中国和美国的游客高峰

我会再去。

今天的城市,从秋季变为冬季服装

更多信息⇒这里

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

コメントを残す

*