80年前の人が食べていた味を今食べたくないですか?

  • LINEで送る

スマホ集客代行の”裏ワザ”教えます

cropped-w3_0RGGJRAeuSwx1458023872_1458024336.jpg

 

商店街の活性化について

やるべきことの「mast要件を探してみました」

1,単体でのお店の力を上げる

2,お店の個性を個別に作る

3,人が集まることの連鎖を作る

 

商店街というものは「お店ごとの集合体」

ということは「あなたのお店はナニが売り?」

ひと言で言えるお店を「各店舗ごとに考えてみる」ことが必要です

cropped-IMG_8847-1.jpg

お店というものは大きく分けると

エステサロンとか美容室のような業態で「人の脳裏に刻まれてしまいます」

でも「お店の特色を言葉にしてみると・・・出ない」

 

お店のキャッチコピーは何ですか?

それもお客さまに伝えることができる言葉で「伝えることがでみますか?」

 

たとえば「80年前の伝統の味、80年前の人が食べていた味を今食べたくないですか?」

もしあなたの曾祖父さんが子供の頃に食べていた「お団子の味がそのまま、あなたが食べてみたら」

「セピアの世界の美味しいお団子の味が食べられる”タイムスリップができるお団子屋」

C-3000006266

 

そんなのって\(^o^)/ワクワクしますよね

お店ごとに「何かのキャッチコピーを作ること」

それが「お店ごとの個性を作る」

その集合体が「商店街になるとひとつの”ウリになる”とおもいませんか!」

 

現状のシャッター街のひとつの原因になっていると思われます。

でも既存の商品を売ることがお店の大部分を占めるとするならば

美容室なら逆説的に

1,文句を言う美容室

2,ショートカットだけの美容室

3,カラーは下手なんです、でもカットはまかせなさい

 

コレでも「ウリになると思いませんか?」

 

そんなことが「お店のキャッチコピー」になるんですよ

 

コンサルするって「なにかを探しだし、それを柱にしてなにかを作り出す」それが仕事なんです。

 

 

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

コメントを残す

*