Apple Watchの「偽物」登場、ただしスイス製の高級機械式腕時計ですが

300万円近い値段で限定50個、アップルはどう出る?

 

Apple Watchの「偽物」登場、ただしスイス製の高級機械式腕時計ですが

 見た目がApple Watchそっくりの「偽物」ウォッチが登場した。ただし、電話もメッセージの機能もなく、アプリを利用したり、愛しい人と互いの胸の高鳴りをアニメーションで共有したりもできない。なのに値段は2万4900ドル(約290万円)。実はこれ、安っぽい模造品ではなく、れっきとしたスイスの高級機械式腕時計なのだ。

20160111-00010002-newswitch-000-1-view

この時計は、スイスの高級腕時計メーカー、H. モーザー(H. Moser & Cie.)が発表した「スイス アルプ ウォッチ(Swiss Alp Watch)」。デザインはApple Watchそっくりにもかかわらず、100%スイス製のムーブメントを採用。手巻きで100時間は連続使用できるという。裏側のパネルは透明で、機械式の駆動機構が見えるようにもなっている。さらに、ブログのHodinkeeによれば、ケースは18金ホワイトゴールドで、全部で50個しか作られないという。

製品化の意図は、少なくともデザインをパクってApple Watchにあやかろうというのではない。それとは逆に、アップルに対してジャブを繰り出した格好。スマートウォッチの登場でスイスの時計産業が大きな影響を受ける中、時計産業に殴り込みをかけたアップルやスマートウォッチのトレンドへの強い対抗意識から、こんなパロディー的な製品を世に出したようなのだ。「アルプ ウォッチ」という商品名も「アップル ウォッチ」にかなり似ている。

「電子式の心臓部を備え、機械式時計のように見せかけた時計を作るのではなく、その反対の道を選んだ」。同社のエドゥアルド・メイランCEOがこう話すように、アナログ的な外観を備えたApple Watchはじめスマートウォッチの流れに一矢報いるべく、外観がそっくりで内部は伝統的な機械式という、あべこべのアプローチをあえてとった。

さらに、その製品紹介ビデオも、アップルのチーフ・デザイン・オフィサー、ジョニー・アイブ氏がナレーションを行うプロモーションビデオを彷彿とさせるスタイル。それでもメイランCEOは、「伝統的な機械式腕時計にこそ未来がある。何よりも重要なのは、アップデートする必要がなく、いつの日か自分の子供たちに引き継げるという点だ」と話し、すぐに陳腐化するスマートウォッチにはない、機械式腕時計の素晴らしさを強調している。

ニュースイッチ 1月11日(月)11時45分配信記事による

 

 

スマぽち,ぽちっと,集客,集客セミナー

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です