ハンバーグのお店が失敗した 悪魔の「期限切れのクーポン」

クーポンって知っていますか?  もちろんですよね

数年前「おせちの問題がネットやテレビをにぎわせました」

グルーなんちゃらm(_ _)m

クーポンの問題は日本だけでなくアメリカでも起きてるんですよ

日本で「クーポン共同購入サービス」このサービスの問題点は
申し込んだお店の問題

 

 

 

問題は手数料

 

定価が1,200円の「ハンバーグ定食」が50%OFF「お得クーポン

 

cp_scrs
では、お店に残るお金はいくらだと思います?

「300円 なんです」

そう 「たったの300円∠( ゚д゚)/」

これを利用したお店のオーナーは、家族に相談したそうです。

家族は大反対<(`・ω・´)

当たり前ですよね、もうけでなく「赤字を産んでしまう」
クーポン

 

cp_scrs

ではなんでオーナーは「クーポンを発行したのでしょう?」

それは「他のオーナーの多くが評価」したから
そしてクーポン会社から
「広告効果がとっても高いですよ\(^o^)/」

この一言
結果、50万円近くの「大赤字」

そして問題は続く

「期限切れのクーポン」
を持参のお客さまが
ご来店

すったもんだの末、「もうこの店に来ない!!<(`・ω・´) 」

クーポンの仕組み、メリット、デメリットを理解せずに飛びつくと、
予想もしない広告費をかけたあげく、常連の大切なお客さまを失うこともあるんです。

でも否定はしません

「クーポンは広告の材料としてはイイ商品かもしれません」

 

cp_scrs

 

 

X DAIGOX hapimoniX LINEX LINEマスターX LINE@ライン・アットX アプリX ゴールデングローブ賞X サッカーX ジェラトーニX スマぽちX スマホX ノンストップX 北川景子X 博多X 名前を一音ずつ下げるとカオスX 国主導X 天神X 成人の日X 新成人X 景子X 決勝X 福岡X 連休最終日X 鏡開きX 高校X 高校サッカー

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です