朝ドラの視聴率30%を超える理由は「女性のやる気」

なぜこんなに人気なのか
それは⇒ 自分でなにかを起こしているからだ!!
いつやるんですか「いまやるんです」
だれがやるんですか「わたしがやるんです」
なぜ「結果を恐れないから」

2015年度後期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」(9月28日スタート)のヒロインが12日発表され、女優の波瑠(23)がNHK大阪放送局でお披露目された。

 春らしい白いワンピースを身にまとい、会場に姿をみせた波瑠。前日に大阪入りし、「最終オーディションの追試を受けてもらうと言われてきた」と説明。直前に受けた朗報に驚きながら、集まった報道陣を前に緊張気味に微笑んだ。

■今回のモデルは”広岡浅子”・一体どんな人?

相撲が大好きなキャリアウーマン

出典tsunebo.com

お写真のインパクトがハンパないです・・

広岡 浅子(ひろおか あさこ、1849年10月18日(嘉永2年9月3日) – 1919年(大正8年)1月14日)は、日本の実業家、教育者、社会運動家

富豪・三井高益の三女として、女性らしく、和歌や書道、茶華道などを学ばせられた。だが、生まれつき勝気だった浅子は、「女子も人間です。人間は学問をしなければなりません。女子にも学ぶ機会さえ与えられれば、必ず修得する頭脳はあります」と、事あるごとに両親に反抗して育ったという。
当時は上流階級の子女でも、女性の学問は軽んじられ、学校教育を受けられなかった。この幼少期の経験が、浅子の人生に大きな影響を与えたようだ。

女性が社会の表舞台に出ることは極めてまれな時代に銀行や生命保険会社を立ち上げ、さらに、日本ではじめてとなる女子大学の設立に尽力した女傑だ。

▶転機は17歳?

17歳で大坂の富豪加島屋(かじまや)広岡信五郎と結婚。維新後は実業界にはいり,鉱山を経営。

まだ十七歳の少女だったが、幕府の崩壊によるパニックをもろに受けなければならなかった。九百万両という巨額の大名貸しが返済されず、証文は紙きれ同然になったからだ。天王寺屋、平野屋、茨木屋、和泉屋などの大坂の両替商は、軒並みに倒産する。

出典なにわ人物伝 -光彩を放つ-


NEVERまとめ
より次回はその後です


読者登録してね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です