昔は「サウナがお風呂?」だった 湯船はなかった事件

今回は平安時代のお風呂

いまのお風呂は

089006
これは五右衛門風呂

湯船にお水を入れて
ガスの力を借りてお湯をわかす。

40度前後でちょうど暖かく

体休めと 心休め  そして・・・・楽しい場所

身体を洗い、きれいになって
疲れも癒せる

でも平安時代は、4日に1回しかお風呂に入らなかったそうです(・_・;)

夏も
身体を水でふくだけ

かなり臭い生活だったらしいです!!

トイレも「おまる」

消臭のために「お香 おこう」を炊いていたらしい。

あーーーーくさい

それが平安時代

じゃあおとなりに寝ている「彼氏がそうなら」

(・へ・)いや

実は、平安時代のお風呂は「蒸す サウナ」なんです。
蒸して、汗出して「こする」

垢すり アカスリが平安時代の「お風呂だったんです」

068504

 

今なら考えれない「お風呂の習慣だったんですね!!」

続きは「おたのしみ\(^o^)/」

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です