27分の1 人間の行動パターンはこれで出来ている

  • LINEで送る

ページをめくることは「本を読むこと」なり
ホームページはめくれません

ホームページは「クリック」という行動で「ページをめくれます」

ページをめくると「待ってく違う情報が手に入る可能性があります」

しかし、本と言うもの文脈のなかで前後の成り立ちを読まないと
次に起こる「何かがドキドキさせてくれます」

でも「先を見据える能力を持った数少ない人間は答えを先に読んでいる」

人間の行動は「3つのパターンに別れます」

3☓3☓3の法則と言われます。

3つの設問に人間は27通りのパターンをもち
その法則にそって思考回路を働かせると
自分が導きたい「答えに誘導」することは容易になります。

 


アクシデントが起こっている時に「27分の1の確率」を
自然に身に着けると「慌てず的確な回答を得ること」ができます。

hakataのひとりごとです

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

コメントを残す

*